畳替えについて


畳替えは大きく分けて3つの種類があります。
現在お使いの畳の状態により対応できる施工内容が変わってきます。
お使いの状況により差がありますが、ご使用年数等参考にしていただきながら、ご相談ください。

裏返し

畳床は現状のものを使い、畳表は取り外して裏返し、焼けていない側を表にします。
裏返しで新しくなるのは、畳の縁のみとなります。
畳替えをされてからおおよそ2~3年が目安です。

表替え

畳床は現状のものを使い、畳表、畳縁を新しいものへ交換します。
基本的にはこの表替えの施工が多く、畳替えをされてからおおよそ4~5年が目安です。

新調

畳表、畳縁、畳床、すべてを新しい物へ交換します。
畳替えをされてから10年以降は新調になる可能性が高くなります。