ドイツにあるリボス社は、40年以上続く人の健康と安全性、環境への配慮を追求した自然塗料のパイオニアです。
リボス自然健康塗料は、世界で初めて人の健康と安全を考えた自然素材を基にした塗料メーカーとして1972年に生まれ、その取り組みは世界で高く評価され、認知されている塗料です。
そのリボスのこだわりは奥深く、自然素材であっても人体に有害なものは決して使用しないという強い理念のもと、誰もが安心して使える自然塗料を開発し続けています。


リボス自然健康塗料誕生のきっかけは、子どもが発症したシックハウス症候群です。
リボス社のオーナー・ボーテ氏は当時不明だったシックハウス症候群の原因を究明し、苦しむ人々を救いたいという想いから人や環境に安心安全な自然塗料の開発・提供を決意し、今に至ります。


リボス自然健康塗料は、自然と調和し、人と環境に安全な塗料を作るという理念に基づき、自然塗料の中でも珍しい100%成分開示を行なっています。
また、人体に安心安全な塗料を提供できるよう日々研究を重ねています。


一般的な塗料は、合成樹脂や化学物質を主成分として作られていますが、リボス自然健康塗料は、植物由来の亜麻仁油という亜麻の種から取れるオイルを使用して作られています。
また、リボス社のこだわりでその亜麻仁油もコールドプレッシング製法という低温でオイルを抽出する方法を採用しています。
この方法で採れたオイルは、天然の酵素やビタミンAやビタミンEが壊れずに残り、食品レベルでの安全性を生み出すのです。 なので、リボス自然健康塗料は赤ちゃんが誤って口に含んでも大丈夫という代名詞がついたほど高い安全性を誇っているのです。


一般的に木部に塗装されている合成樹脂を含んだ塗料は、表面に呼吸性のない塗膜をはり、木が呼吸できなくなります。しかし、リボス自然健康塗料は木に深く浸透し、木の呼吸を妨げず、木が本来持つ調湿性を妨げないので木部の保護にて適しています。
また、日本の気候環境に合うように研究・開発された製品(No.279:タヤ)もあり、外部で使用しても木部の劣化が少ない、高耐候性のラインナップもご用意しています。


リボス自然健康塗料は、一般的な自然塗料の中でも高い施工性が特徴の一つです。主成分の割合が多いという理由だけではなく、その亜麻仁油はコールドプレッシング製法で作られるため熱膨張せずサラサラとした液体で、塗装業社様や一般の方からも、その塗りやすさについて高い評価をいただいています。
自然塗料は高いのでは?とお考えの方は、是非一度塗料を手に取り、塗装してみてください。他のものに比べ少量で多くの面積を塗れることを体感できます。